上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003.08.29 卯月ちゃん
今朝は、かりかりを少し食べた。(かりかりは k/d は食べず、サイエンスダイエットのメンテナンスだけ、口につける)夕方になって、かりかりと市販のヘルシーツナを1/5缶ぐらい食べていた。ヘルシーツナは、2.4缶/日だから、10分の1/日も食べていない。

病院で、a/d と p/d を頂いた。 a/d は、食べる子が多いとのことで、期待。だけど、夜、空けたけれど、今の所、食べていない。かりかりと一緒に置いて、このまま暫く様子を見よう。


今日、光の庭に、卯月ちゃんが、亡くなった との書き込みがあった。

卯月ちゃんのホームページができてから、毎日、卯月ちゃん、元気かな~と、お邪魔していた。卯月ちゃんがご飯をあまり食べないことにTさんが気が付いたのが8月8日。たった20日。明日で、5ヶ月を向かえる今日・・・。

光の庭で書き込みを見て、暫く、何も手に付かなかった。
落ち着いて、日記を書こうと思いつつ、Orasion Gardenに行くと、Tさんの日記が。・・・・ 言葉がみつからない。でも、卯月ちゃん、今日はゆっくりネンネするんだよ。そして、光の庭に行く時は、ぴょん、ぴょん、ぴょ~んって・・・・・ ね・・・。 駄目だな・・・ やっぱり、言葉がみつからない。


私は、このホームページを作って間が無い。素材は、光の庭からリンクの張られている四葉のクローバーモチーフから頂いた。

三つ葉は「希望」「信仰」「愛情」の印。残る1枚は「幸福」のシンボル ・・・らしい。これを使わせて頂こうと思った。

けれど、この4つの言葉の中で、ぴんと来なかったのが「信仰」だった。よく、「神様は見てる」とか、「神様は見てくれている」という風は思うけれど・・。

最近、テロ、戦争などもあり、( 昔からも、戦争はあったけれど )
宗教は自由!!どんな宗教であっても、信じる宗教が違っても、人を侵害するのはおかしい」というのが持論だったりする。それは「宗教」だけでなく「個々の考え」も同じ。基本は自分の存在する国の「法」を厳守する。その上で、個人個人の思想は自由。だけれど、それを人に押し付けたり、人を侵害してはならならい。それを押し付けるための暴力、テロ、戦争なんて、もってのほか。

そういうこともあり、この四つ葉のクローバーの「信仰」は、私の中では、「平和」という言葉に置き換わっている。

最初、このホームページのタイトルは考えてなかった。もともと、ホームページを作るなんて、思いもしなかったし(^^;;) けれど、だんだん、ホームページの形が出来て行くにつれ、ホームページの名前は、何かなぁ・・・と思っていて、昨晩、ぴん!

Peacefully というタイトルにすることにした。

上で「平和」という言葉を使ったけれど、私のモットーは「穏やかに」なのだ。

穏やかでも、色んな単語があるけれど、Peacefully は、「平和に」と「穏やかに」という両方の意味があるので、これだ!と思った。

卯月ちゃんが亡くなった。そして、この日記を書いていて、悲しみと共に怒りみたいな気持ちもあった。FIPってひどい!って。もっと防ぐ手立てがあるだろうにそれがされない事に対する怒りだ。自分の中の怒りに気が付いた時、平和という言葉が頭の中に浮かび、あっ!穏やかな気持ちでいなきゃ!って・・・

という事を考えていたら、 日記↑↑↑に書いてしまった。

私は親馬鹿である!なので、いらいらしたり、怒ったりしても、「 そんな気持ちを持ってたら、てんにも伝わるわ!穏やかな気持ちでいなきゃ」って思う。悲しかったりした時も、「 あっ!てんが心配する。穏やかな気持ちでいなきゃ 」と思う (^^)

穏やかに・・・という気持ちは、てんがお家にくるずっと前からあったけれど、てんがお家に居てくれる様になってからは、FIPのこともあり、
てんの為にも、私は、穏やかでいなきゃって、尚のこと、思う様になった。

てんに元気があったら、私、喜ぶ!てんに元気がなくなったら、私、沈む。沈むと、てんも、更に、その気持ちに連動して、元気がなくなるかも知れないと思うと、私が沈んでいてはいけないのだな!

一喜一憂の一喜!一喜!は良いけれど、一憂は駄目にゃ・・・これ、日記のどこかにも書いてるな・・・私も、まだまだ、成長過程なのだ・・・。 てんも一緒にね。

今日は、静かに眠る卯月ちゃんのことを考えて眠ろう。
穏やかな気持ちで・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://peacefully2006.blog57.fc2.com/tb.php/210-7eec479e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。